一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

10月は「がん検診受診率50%達成へのキャンペーン月間」

キーワード: がん

 厚生労働省や都道府県、日本対がん協会、がん対策推進企業等連携本部は、毎年10月を「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」と定めている。期間中にがん検診への理解と関心を国民に高めるための各種取り組みを行い、受診率を向上させることによりがんによる死亡者の減少を目的としている。

 がんは、1981年より死因の第1位で、2010年には年間約35万人が亡くなっている。今後も人口の高齢化に伴い死亡者数の増加が見込まれている疾患の一つ。国や地方自治体は、がん対策基本法にしたがい、がん検診の受診率向上や普及啓発活動を実施している。

 また、2012年6月に閣議決定された基本計画では、がん検診の受診率を5年以内に50%(胃、肺、大腸は当面40%)を達成することを目標としている。

 この目標を達成するため、国・企業・地方自治体・関係団体等が連携・協力し、普及啓発活動やイベントの開催等を行う「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」を毎年10月に実施している。

【実施概要】

■期間:2013年10月1日~2013年10月31日

■実施主体:厚生労働省、都道府県、公益財団法人日本対がん協会、がん対策推進企業等連携本部

平成25年度がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間
平成25年度がん検診50%推進全国大会

がん検診の普及啓発に使える教材150点以上掲載
 保健指導・健康事業用教材・備品を販売サイト「保健指導マーケット」では、がん検診の普及啓発に使える教材が150点以上と豊富に取り扱っている。
 【配布用】の指導箋やファイル、リーフレット、【掲示用】のポスターやパネルなど、使用用途に応じた教材をインターネットから購入できる。
「保健指導マーケット」

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート