一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

運動・活動量は血糖・尿糖と相関 糖尿病患者を1週間モニタリング

キーワード: 糖尿病 身体活動・運動不足

 5種類の計測機器で糖尿病患者の生活を1週間モニタリングした「食後高血糖に対する尿糖チェックの有用性研究」(主任研究者:加藤光敏・加藤内科クリニック院長)が行われ、その中間報告の2回目が糖尿病ネットワークの連載「自宅ですぐに効果が見える!尿糖チェックで糖尿病コントロール」(監修:宇都宮一典・東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授)で公開された。  第8回 症例検証 CASE 2 Bさんの場合

 血糖値がある一定以上(閾値)を超えると尿中に尿糖が排泄される。食後の尿糖測定で食後高血糖を間接的にチェックできる「尿糖自己測定」の有用性を確認するのが本研究の目的だ。食後に尿検査をするとい尿糖排出の有無がわかる市販の「尿糖試験紙」と、尿糖排出量を数値で確認することができる「デジタル尿糖計」の両方で検証した。

典型的なサラリーマン生活から糖尿病に

 今回、公開された研究報告2回目は、56歳・男性サラリーマンのB氏について検証した。B氏は顔の血色がよく、見た目ぽっちゃり、同僚とのご飯とお酒が生きがいの典型的な"働き盛りのサラリーマン"。普段はデスクワークで残業もあり、夕食が夜遅くなることもしばしば。

 42歳から高血圧、高脂血症と言われており、降圧薬を数種、高尿酸血症、高脂血症薬を服用、脂肪肝あり。健康診断でHbA1c7.9%が出たがその時の主治医は積極的糖尿病治療を開始しないので不安になり同院へ受診した。

 「Bさんは食事・運動療法を頑張っていますが、初診時はHbA1cが8.1%とかなりの高血糖でした。サラリーマンによくありがちな生活習慣が起因している可能性が高いと思いますが、こういう方は結構多いんです。」と主任研究者の加藤氏は振り返る。

運動・活動量は、
血糖・尿糖変動に影響を及ぼす

 研究では昨年11月、B氏の1週間モニタリングして生活状況と計測結果を解析した。

 B氏の場合、毎食後に食後高血糖がみられ、その都度尿糖が出ていた。ただし、CGM記録のある3日間のうち、活動量の活発な日と運動なしの2日間を比較してみると、活動があった日のほうが血糖値のピークの山が低く、いわゆる運動の"急性効果"が見られた。

 加藤氏は、「CGM(持続血糖測定)記録のある3日間のグラフを見ると明らかですが、この方の場合は血糖値が閾値を超えると、尿糖が100%必ず出ていたのが印象的でした。複数の検査機器で実生活の数値をモニターしてみると、尿糖測定を行う意義が実感できます。」と感想を述べている。

 また、療養指導を担当した同院・管理栄養士の加藤則子氏は、「身体は尿中に血液中の余分な糖を排出しますので、理論的には尿糖が出やすい人は、そうでない人より体重が減りやすいはず。B氏も体重が減りやすいはずですが、夜遅くに帰ることが多く、夕食でアルコールを飲み、食後に甘い物があると食べてしまうなど、もう少しだけ努力が必要ですね。あと3kg体重が減れば格段に血糖値が良くなるのではないでしょうか。」と分析。

 同研究は昨年5月からスタートし、2型糖尿病で通院する6名の被験者に対して実施。その結果については、第18回仁保院糖尿病教育・看護学会学術集会(平成25年9月)、第17回日本病態栄養学会学術集会(平成26年1月)、第57回日本糖尿病学会学術集会(平成26年5月)においてもポスター発表が行われた。

B氏のモニタリングの詳細は、下記コーナーでご覧ください。
第8回 症例検証 CASE 2 Bさんの場合

関連情報
自宅ですぐに効果が見える! 尿糖チェックで糖尿病コントロール
糖尿病患者を1週間モニタリング、尿糖測定で食後高血糖を把握する

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート