一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

参加者募集!年次講演会「スローカロリーで世界一を狙おう!」

キーワード: 「多接」多様なつながり 食生活

 設立2年目となる一般社団法人スローカロリー研究会(理事長・宮崎 滋/公益財団法人結核予防会理事・総合健診推進センター長)は、「最強宣言!スローカロリーで世界一を狙おう!」と題し年次講演会が開催されます。医療・保健指導スタッフの皆さまにはぜひご参加いただき、糖質制限やカロリーオフではない適切なエネルギー摂取の意義と健康づくりのための食生活のあり方について、今一度お考えいただく機会に!!

元気の源であるエネルギー・糖質を適切に活かすには?

 今後さらに加速する高齢化をふまえた社会づくりを考える上で、健康寿命を長く保ち、活力のある生活を続けていけるような生活習慣のあり方を、私たちは真剣に考えていかなくてはなりません。そのために元気の源であるエネルギー・糖質を適切に活かすことが不可欠であることから、同会は重要なキーワードとなるスローカロリーについてのエビデンスを蓄積・情報発信を目的に活動しています。また、食のインフラを支える食品メーカーなどの産業界とも情報共有を行い、産学連携で新たな食の未来を創造していくこともミッションとして掲げ、様々な活動を展開しています。

 本講演会では、同会事業のご紹介ととともに、日本人が様々な面で世界一をめざすための食生活のあり方について国内外での研究・実践体験をもつ演者を迎える予定。メインイベントのパワーリフティング74kg級日本記録保持者の大谷憲弘氏によるデモンストレーション&トークセッションでは、世界一を狙うアスリート達を栄養指導で支える鈴木志保子・神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授と、世界で食育改革をめざす森真理・武庫川女子大学国際健康開発研究所講師の2人をプレゼンターに“元気づくり”の秘訣を考えます。

 元気の源であるエネルギー・糖質を適切に活かし、活力のある社会をつくっていくために必要なこととは?

参加登録はこちらから ▶

なお、当日はメディア関係者も参加される予定ですのでご了承ください。

■第2回スローカロリー研究会講演会  「最強宣言!スローカロリーで世界一を狙おう!」

■日 時:2016年3月1日(火) 15:00〜17:30(開場 14:30)

■会 場:ベルサール八重洲 ROOM 1-2-3 地図はこちら>>

■対 象:医療・保健指導スタッフ、食品メーカー等の開発ご担当者、メディア関係者

■プログラム
・理事長挨拶「これからのスローカロリー啓発に向けて〜次年度事業計画より」
 一般社団法人スローカロリー研究会理事長 宮崎 滋
  (公益財団法人結核予防会理事・総合健診推進センター長)
・基調講演「健康長寿の秘訣はスローカロリー」
 武庫川女子大学 国際健康開発研究所教授 家森幸男
・質疑応答

≪休憩≫

・アスリート鼎談「スローカロリーで世界一を狙おう」
  パワーリフティング74kg級日本記録保持者 大谷憲弘
  神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授 鈴木志保子
  武庫川女子大学 国際健康開発研究所講師 森 真里
・質疑応答

■主 催:一般社団法人スローカロリー研究会
■後 援:一般社団法人日本生活習慣病予防協会
■協 賛:井村屋株式会社、エクスプロージョン合同会社、サクラ食品工業株式会社、株式会社トミゼンフーヅ、ニュートリー株式会社、株式会社ボディフィット、三井製糖株式会社、ミヨシ油脂株式会社、カリフォルニア・レーズン協会、三井農林株式会社(順不同)

講演会のご案内はこちら ▶

(mhlab)

関連トピック

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月11日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
2019年06月24日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年03月15日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月07日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート