一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

年末年始の海外旅行前や帰国後に活用を!東京都の感染症予防ガイド

キーワード: セルフケア 食事

 年末年始、海外に渡航する人が増えることから、東京都では冊子『海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド』を配布し、感染症に対する予防意識の向上をはかっている。同冊子を学校や職場などで配布したい、という希望があれば無料で送付も行っており、担当者はより多くの活用を呼び掛けている。

 海外に滞在中は、日本と異なる気候や衛生環境により、食べ物や水、また動物や昆虫を介して感染症にかかる人が多い。一方で感染症予防の正しい知識を持てば、感染のリスクは大幅に減らせるほか、万が一、かかった場合でも適切な措置を行えば症状の早期改善、また周囲への二次感染防止につながる。

 そのため、同冊子では、海外旅行前の準備から、旅行中、帰国後に注意すべき点を、それぞれ分かりやすく解説。準備の段階では、旅行先の感染症情報や予防接種可能な医療機関・相談先の情報入手に役立つサイトを列記し、QRコードを添えるなどして利用者の利便性にも配慮している。

 また注意すべき感染症の一覧では、感染症ごとに主な発生地域や潜伏期間、主な症状、予防方法について記載。帰国後に感染症が疑われる場合の受診の流れや、都内保健所一覧も掲載している。巻末には、帰国後2週間は自分の健康状態をチェックしよう、と呼び掛け、自分で記入できる体調管理シートがあるなど工夫がなされている。

担当者からのメッセージ

「海外渡航者が現地で麻しんや風しんなどに感染、発症をしたり、中東呼吸器症候群(MERS)の感染リスクを知らずに渡航先でラクダに接触、生乳摂取をする例が見られます。渡航先でどのような感染症が流行しているのかを知り、予防接種や渡航先で気をつける行動の確認、帰国後の健康管理を行うことが大切です。海外渡航者の増える時期に本ガイドを利用して啓発に役立てていただきたい。」と担当者は話している。

感染症予防ガイドの入手方法

 同冊子はA5版で全13ページ。都内のパスポートセンターや旅行代理店などで無償配布されているほか、東京都福祉保健局のホームページからも自由にダウンロードできる。冊子を職場などで配布したい場合は、希望冊数の送付にも応じる。請求先は、東京都感染症対策課危機管理担当(電話03-5320-4482)まで。

「海外旅行者・帰国者のための感染症予防ガイド」について(東京都福祉保健局)

(mhlab)

関連トピック

テーマ ▶ セルフケア

2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月20日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決

テーマ ▶ 食事

2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月21日
果物は糖尿病に良いのか悪いのか? 果物パワーを食事療法に活用
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典