一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集

キーワード: 健診・保健指導

 東京都は、東京商工会議所と東京都医師会と連携し、企業の感染症対策を支援する「職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト」を展開。インフルエンザやノロウイルス、風しんなどの感染症対策のため、教材などを企業に提供するもので、従業員の健康維持や、企業のリスク管理に役立ててもらう。基準を達成した場合は、「達成企業」として東京都のホームページで公表する。東京都では、多くの企業の参加を呼びかけている。

 プロジェクトは東京都商工会議所、東京医師会、東京都の三者が連携し、それぞれの強みを生かしながら参加企業をアシストするもの。企業の実情に応じて自由に選べる3つのコースを設定している。

 具体的には、

【コース1】感染症理解のための従業者研修
感染症の基礎知識ドリル(研修教材)を提供し、正しい知識の定着を図る。(研修教材はeラーニングでも提供)
達成基準...従業者の8割以上が教材受講

【コース2】感染症BCP(業務継続計画)の作成
BCPのひな形を提供し、職場で感染症患者が発生した場合に、業務を円滑に継続するための対処策の作成を図る。
達成基準...事業所単位でのBCP作成

【コース3】風しん予防対策の推進
予防接種等協力医療機関を紹介し、従業者の抗体(免疫)保有の確認や予防接種の推奨等を促し、職場ぐるみで風しん予防を図る。
達成基準...風しん抗体保有者が従業者の9割以上
 となっている。

 コース1の場合、感染症基礎知識ドリル(自習教材)をeラーニング形式、PDFデータ送付、1部印刷したものの送付、のいずれかで受け取る。

 対象企業は、東京都内に所在する会社、会社以外の法人、個人事業主で、事業所や部署単位でも申し込み可能。募集受付は随時、行っている。参加申し込みをすると「協力企業」、コースの基準を達成すると「達成企業」として、東京都のホームページで紹介され、取り組みがPRされる(希望によって公表しないことも可能)。

 問い合わせ、申し込みは、東京商工会議所 サービス・交流部(電話 03-3283-7670 FAX 03-3211-8278)まで。

職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト(東京都福祉保健局)

(mhlab)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2018年02月02日
子宮頸がんワクチンの有効性を強調「理解と判断を」 厚労省がリーフレット
2018年02月02日
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用
2018年01月25日
「男のストレス」ががんリスクを高める 肝臓がんは33%上昇
2018年01月25日
妊娠期に魚を食べた女性で「抑うつ」が減少 DHAとEPAは女性に有用
2018年01月17日
東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集
全国生活習慣病予防月間2018少食
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
健診・予防3分間ラーニング セール2018
糖尿病3分間ラーニング 割引セール2018
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
保健指導リソースガイド
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。