一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

【健やか21】第14回「子どもの食育を考えるフォーラム」開催!

キーワード: 女性の健康

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。

 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録

第14回「子どもの食育を考えるフォーラム〜子どもたちの健康を守るために知っておきたい!『ヘルスリテラシー』と食育〜」

 "子どもの食・栄養"に関して、社会の関心が非常に高まってきています。

 平成19年以降毎年行われている「子どもの食育を考えるフォーラム」が今年度も開催されることとなりました。

 今回は健康を決める力"ヘルスリテラシー"を身につけるために保健医療従事者ができることをシンポジウム形式で議論します。

 開催日は2020年1月26日(土)13:00〜17:00。

 申込締切日は2020年1月10日(水)です。先着700名までとなりますので、ぜひお早めにご応募ください!

 詳細はこちら↓
第14回「子どもの食育を考えるフォーラム」PDF
日本小児科学会

最新トピックス・イベント(2019年10月3日更新)

・ ロタウイルスワクチン定期接種化など〜第34回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会資料の掲載について(厚生労働省)
・ 母性健康管理研修会 参加者の募集について(厚生労働省)
・ 第14回子どもの食育を考えるフォーラム〜子どもたちの健康を守るために知っておきたい!『ヘルスリテラシー』と食育〜の開催について(日本小児科学会)
・ 10月1日からの「里親月間」開始について(厚生労働省)
・ 麻薬・覚醒剤乱用防止運動の実施について(厚生労働省)
・ 児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議(令和元年度・第1回)配付資料の掲載について(文部科学省)
・ 第13回キッズデザイン賞の発表について(キッズデザイン協議会)
・ 女性にやさしい職場づくりナビ 専門家コラム「妊娠中の時差出勤の申出について」の掲載について(厚生労働省)
・ 難病・小児慢性特定疾病地域共生ワーキンググループ(第2回)の資料の掲載について(厚生労働省)
・ 百日咳ワクチン接種推奨ポスターの作成について(日本小児科学会)
・ Injury Alert(傷害速報)の掲載について(日本小児科学会)
・ 子ども・子育て支援新制度と福岡県子ども・子育て会議の開催実績について(福岡県)
・ ⾃転⾞ヘルメット着⽤に関する保護者の安全意識調査の公表について(株式会社オージーケーカブト)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

(mhlab)

関連トピック

テーマ ▶ 女性の健康

2019年12月11日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明
2019年10月07日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 糖尿病リスクが減少
2019年10月03日
【健やか21】第14回「子どもの食育を考えるフォーラム」開催!
2019年09月26日
【健やか21】「体罰等によらない子育て」の普及啓発動画やハンドブックを公開
2019年09月19日
【健やか21】募集開始!「子育て世代包括支援センターで目指す妊娠期からの切れ目ない子育て支援」
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート