一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

塩分の多い食事は、食直後から血管内皮機能(FMD)を低下させる

キーワード: 高血圧 動脈硬化 食生活

「減塩サミット in 呉2012」で、FMD測定体験コーナーが人気
 国内の高血圧の患者数は4,000万人とも言われ、高血圧は日本の“国民病”とされている。一方、食塩の摂取量が多い食生活が高血圧を招くことが広く知られるようになったことで、日本人の塩分摂取量は緩やかに減ってきた。しかしながら、近年はその摂取量も下げ止まり状態にあり、諸外国に比べると未だ多い。そのため、現在“さらなる減塩”に向けて国民的な啓発を促すべく、多くの取り組みが行われている。その一つとして、世界高血圧デー、日本高血圧週間にあわせ、5月26〜27日、広島県呉市にて、研究者と一般市民がともに参加し「減塩サミット in 呉2012」が開催された(主催:「減塩サミット in 呉2012」実行委員会、共催:日本高血圧学会・日本高血圧協会など)。

 会場には、学術研究成果の発表のほか、減塩食の展示や販売・屋台サービス、検査体験コーナーなどが設けられ、2日間にわたり全国各地からの多数の参加者で賑わった。非侵襲で血管内皮機能を把握できるFMD(Flow Mediated Dilation.血流依存性血管拡張反応)測定コーナーは、昼ごろまでにその日の予約が埋まってしまうほどの人気。測定を終えた体験者からは、「血管は見えないため、知らない間に病気が進行しているということがあるので、機会があったらまた是非みてもらいたい」、「脳梗塞になった親戚がいるので、自分も血管の病気が気になっていた」、「(血管を直接みているので)分かりやすい。実際に血管の働きがわかるので、自分も知りたいと思って受けた」、「結果が良かったので安心。今後も食事や運動に気を付けたい」など、さまざまな反響があった。

高食塩による血管への悪影響で、新たな知見も
 塩分摂取とFMDの関係については近年、新たな知見が蓄積されつつある。

 食事摂取後のFMDの経時的変化から、高食塩食を摂取するとその直後の血管内皮機能が低下するとのオーストラリアの研究者による論文が、2011年のThe American Journal of Nutrition 誌に掲載されている。

 16名の健常者に対し、塩分以外の組成は同一の「低食塩食」(ナトリウム130mg)と「高食塩食」(同1494mg)を無作為に別々の機会に摂取してもらい、食前および食後30分ごとに、上腕におけるFMD、血圧、および手指での末梢動脈拡張反応指標であるRHI(Reactive Hyperemia peripheral arterial tonometory Index.反応性充血指数)を測定したしたところ、血圧やRHIは両群間に有意差はなかったものの、FMDについては、高食塩食を摂取後の30分値、60分値が有意に低下していたという()。

高食塩食は低食塩食より、摂取後の血管内皮機能が有意に大きく低下する

 食塩摂取と血管障害の関係は従来、食塩過多が血圧を上げ、その状態が継続することで血管内皮機能が低下し血管の老化が加速されて、脳卒中や腎臓病、心臓病などが起きやすくなるという長期的なスパンでとらえられてきた。しかしこの論文の結果からは、食塩負荷による急性反応としての血管内皮機能低下も臓器障害に関与している可能性が想定される。

 糖尿病において、食事による糖負荷で生じる食後の一時的な高血糖が動脈硬化の独立した危険因子であることは既に明らかになっている。高血圧治療における一時的な食塩負荷の影響についても、今後の研究が注目される。


関連情報:
血管内皮機能は血糖変動と逆相関し鋭敏に変化する
大豆イソフラボンがTGを低下させ、FMDを改善
平成24年度診療報酬改定について(厚生労働省)
ミグリトールは冠動脈疾患併発糖尿病患者の血管内皮機能を改善する
FMD低値は糖尿病発症の予測因子。ドックなどでは精密検査を
肥満2型糖尿病では、精神的ストレス軽減が血管内皮機能改善につながる
網膜症のある女性糖尿病患者は血管内皮機能(FMD)低下ハイリスク
HDL-Cの血管内皮機能(FMD)保護作用は糖尿病で相殺される
仮面高血圧合併2型糖尿病では血管障害(FMDやPWV)が高度に進展
DPP-4阻害薬は血管内皮機能(FMD)を改善する
脳や心臓の血管が詰まる前に。血管の若返りがわかる検査指標「FMD<」/a>
動脈硬化が早期にわかるFMD検査装置
血管内皮機能、FMD検査のユネクス
一般向けサイト 動脈硬化の進展を知る「FMD検査.JP」

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

生活習慣 ▶ 食生活

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート