一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理

キーワード: 糖尿病 CKD(慢性腎臓病)

尿中L-FABPの活用方法

院内での迅速診断も可能に

 ところで、我々が尿中L-FABPの研究に着手したころは測定に時間がかかる酵素免疫測定法のみであった。しかし最近およそ10分で結果がわかるラテックス凝集比濁法という測定法が使えるようになった。

 この測定法は所要時間が短いことに加え、多くの医療機関に導入されている汎用自動分析装置を使用できることや、クレアチニンを同時に測定しその比もみることができるなどの利点がある(表1)。外来で腎機能に少し不安を感じる患者を診た時、その日のうちに尿中L-FABPを測定し適切に対処することが可能だ。

表1 尿中L-FABP測定法の比較
測定原理ラテックス凝集比濁法従来法
(酵素免疫測定法)
定量性定量
測定範囲1.5 〜 200 ng/mL
検査装置汎用自動分析装置専用機(マイクロプレート
リーダー)を使用
測定時間約10分約130分
操作性前処理の必要性不要
クレアチニン補正同一検体で同時測定可検体ごとに別の装置で測定

具体的な使い方

 さて、私が考える尿中L-FABPの使い方を述べてみたい(図8)。AKIに関しては、AKIを発症する前にそのリスクを捉えたり発症後にCKDへ移行する症例を判別して介入の程度の判断に使えるだろう。

図8 AKI、CKDでの尿中L-FABPの使い方

図8 AKI、CKDでの尿中L-FABPの使い方

 CKDに関してはその疑い症例の診断や腎機能低下が速いハイリスク患者の抽出、および定期的なモニタリングに用いられる。外来で尿中L-FABPを診て、数値が高ければ通院間隔を狭くするという柔軟な対応も可能になろう。

 また何かしらの薬剤を投与後に血清クレアチニンが上昇した時、それが腎障害の生じた結果なのか、薬剤の影響で一時的に尿細管からのクレアチニン分泌が低下しているだけなのかの判断に尿中L-FABPが有用であることも経験する。尿中L-FABPの使い勝手を生かし、その活用法はさらに拡大できるのではないだろうか。

参考文献

1) 透析会誌 51:1-51,2018
2)「平成27年度 国民医療費の概況」(厚生労働省)(http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/15/index.html)(2019年1月15日に利用)
3) Circulation 108:2154-2169,2003
4) 糖尿病 57:529-534,2014
5) Diabetes Care 36:3655-3662,2013
6) Clin Exp Nephrol 18:305-312,2014
7) Lancet 292:363-366,1968
8) PNAS 98:2323-2328,2001
9) Am J Pathol 165:1243-1255,2004
10) PLoS ONE 10:e0126990,2015
11) Scand J Med Sci Sports 28:152-160,2018
12) Diabetes Care 34:691-696,2011
13) Diabetes Care 36:1248-1253,2013
14) Diabetologia 60:1782-1790,2017
15) N Engl J Med 365:327-336,2011
16) J Anesth 30:89-99,2016
17) Eur J Clin Invest 42:557-563,2012
18) Crit Care Med 39:2464-2469,2011
19) Biomarkers 22:5-13,2017
20) Clin J Am Soc Nephrol 11:21-29,2016

初 出

第64回 日本臨床検査医学会学術総会、第29回 世界病理臨床検査医学会連合会議(WASPaLM2017) ランチョンセミナー(2017年11月17日、京都)

演題:日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理

座長:柳田 素子 先生(京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学 教授)

演者:池森 敦子 先生(聖マリアンナ医科大学 解剖学機能組織 教授)

共催:積水メディカル株式会社

(mhlab)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2019年11月06日
食事の改善で「腎臓病」のリスクを減らせる 高血圧・糖尿病・肥満がCKDの要因
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月02日
糖尿病の治療をしないと腎機能が低下 リスクは4年後に8倍超に上昇
2019年09月19日
厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート